動画集

on site Solution, Keystone Magic  皆様がかかえておられる難問を、あっさり解決いたします

1.垂直壁での下降・登高

1-1 垂直壁でのラッペリング(懸垂下降)

垂直壁に垂らしたロープを利用して、下降器としてSTOPを使い、両足を壁面につけてバランスをとりながら下降します。  STOPを使うので、下降速度を自在にコントロールしたり、レバーから手を離すことで停止させたりできます。 しかも、ロープをSTOPに巻きつけハードロックすることで、安全・確実な停止状態が保てるので、両手を自由に使えます。 

1-2 垂直壁でのユマーリング(懸垂登高)

登高器としてハンドアッセンダーとチェストアッセンダーを使い、片足を壁面に突っ張ってバランスをとりながら、もう片足をハンドアッセンダーからたらした アブミに入れ、グイッと踏ん張って体を持ち上げたら、ハンドアッセンダーを持ち上げた分押し上げるという動作を繰り返します。 

壁面でバランスがとれる分、空中懸垂登高より楽です。 

2.急斜面での懸垂下降・登高

2-1 急斜面でのラッペリング(懸垂下降)

空中懸垂降下と同様に、下降器としてSTOPを使い、ロープに体重を預けながら、斜面につけた両足でバランスをとりつつ、後ろ向きに歩くように下降します。 

このとき、ロープが岩角などに直接、触れないように、ロープガードを使ってロープを岩角から保護します。 また、ロープをSTOPに巻きつけハードロックすることで、安全・確実な停止状態が保つことができ、両手を自由に使えます。 

2-2 急斜面でのユマーリング(懸垂登高)

空中懸垂と同様に、ハンドアッセンダーとチェストアッセンダーのふたつの登高器を組み合わせて使います。 

斜面なので空中懸垂と違って足でバランスがとれ、しかも多少なりとも踏ん張れるので、歩く感じですばやく登れ、登る速度も50mで5分程度と速いです。 ま たハンドアッセンダーとチェストアッセンダーは共に、ロープの逆登りを防止する構造なので、両手を離せば安全・確実な停止状態を保つことができ、両手を自由に使えます。 

3.空中懸垂下降・登高

3-1 空中でのラッペリング(懸垂下降)

垂らしたロープを利用して降りるのが空中懸垂下降で、ロープアクセス技術ではSTOP(ストップ)という商品名の下降器を使います。 

STOPは数ある下降器の中でも制動性と操作性にすぐれ、下降速度を自在にコントロールしたり、レバーから手を離すことで停止させたりできます。 しかも、ロープをSTOPに巻きつけハードロックすることで、安全・確実な停止状態が保てるので、両手を自由に使えます。 なお、下降速度は摩擦熱によるロープの損傷を防ぐために秒速2m以下に抑えます。 また、宙ぶらりんの自由懸垂状態なので、ゆっくりと回転しながら下降することになります。 

3-2 空中でのユマーリング(懸垂登高)

垂らしたロープを利用して登るのが空中懸垂登高で、一見、体力勝負に思えますが、腕ではなく足の力で登るので、体力的に楽です。 
ロープアクセス技術では、ハンドアッセンダーとチェストアッセンダーというふたつのアッセンダー(登高器)を組み合わせて使うので、安全に速く登れます。 
ハンドアッセンダーから垂らしたアブミに片足、もしくは両足を乗せて、グイッと踏ん張って体を持ち上げたら、ハンドアッセンダーを持ち上げた分押し上げるという動作を繰り返します。 
足と手をリズミカルに動かすのがコツで、50mの空中懸垂登高だと10分程度です。 
なお宙ぶらりんの自由懸垂状態なので、下降時と同様に、ゆっくりと回転しながら登高することになります。  またハンドアッセンダーとチェストアッセンダーは共に、ロープの逆戻りを防止する構造なので、両手を離せば安全・確実な停止状態を保つことができ、両手を自由に使えます。 

4.構造物下降例(橋梁)

4-1 橋の欄干から橋脚天端に降りる ラッペリング(懸垂下降)

構造物下降例 橋の欄干から橋脚天端へ

橋の欄干に支点をセット(動画参照)、安全を確認した上で、欄干を乗り越えます。 下降開始。 ロープがコンクリートなどの角に触れる場合には、ロープガードで保護する。 さらに下降して橋脚天端に到達。 

4-2 橋脚天端から橋梁床版の裏側へ回り込む

ロープアクセス技術を用いて、空中や垂壁の昇降するだけではなく、オーバーハングしたところや、天井のようなところにも行くことができます。 

そのようなところでは、手の届く範囲に新たに支点を設置して、アブミにグっと立ちこみ、新しく設置した支点にランヤードをかけて、荷重を移すことによって移動します。 

5.支点設置例

5-1 橋の欄干

支点には荷重を直接かけるメインの支点と、念のためのバックアップの支点との2種類あります。  

メインの支点は念のため必ず2箇所以上に設け、各支点毎に体重をかけてみる仮荷重テストで、十分な強度のあることを確認します。  

支点を2箇所以上に設けることで荷重を分散させて、より安全を確保する目的もあります。  なお、ロープの末端は、バックアップの支点に結び、更なる安全の確保をはかります。 

ナビゲーション

(株)きぃすとん
京都府長岡京市金ヶ原北裏27 Tel: 075-959-9095 Fax: 075-959-9096
keystone@rope-access.co.jp http://www.rope-access.co.jp