調査技術

on site Solution, Keystone Magic  皆様がかかえておられる難問を、あっさり解決いたします

ロープアクセス調査とは?

ロープアクセス技術を使って、難所・高所に取り付いて行う調査作業のこと。ロープアクセス調査ともいう。

調査の内容や要求される精度に応じて実施体制は様々で、調査専門技術者自身が調査対象に直接、取り付いて実施するケースもあれば、ロープアクセス技術を習得している作業員が、専門技術者の(遠隔)指示の下で実施するケースもあります。
とくに岩壁や急峻斜面を調査対象とする場合(岩壁登はん調査)には、安全確保および調査技術的に高度なものが要求されるので、腕のみせどころでもあり、ロープアクセス技術経験および地質調査経験を積んだ調査専門技術者チームが担当することになります。
コンクリートや鉄骨などの人工構造物を調査対象とする場合には、安全確保は比較的に容易で、調査技術的にもそれほど高いものは要求されないことが多いです。
海外ではロープアクセス技術自体の普及が進んでいる国も多いものの、調査専門技術者自身が作業するのではなく、ロープアクセス技術を習得している作業員が撮影した画像等を、調査専門技術者が解析しているとの情報もあります。   

クライミング(登高・とこう)するわけではなく、下降(ラッペル、ラッペリング)する動作が主体になります。また技術的にもロッククライミング技術(厳密にはアルパイン・クライミング技術)ではなく、技術・器材的に異なる技術であるロープアクセス技術を使います。

ロープアクセス技術の最大の特徴は、ロープを伝って自由自在に下降・登高したり、横方向へトラバースできること、常にテンションのかかったロープで体を確保されているため、墜落の可能性が極めて低い点にあります。とくに墜落の可能性をなくするために、ロープの荷重をかける支点は複数とし、荷重を架け替えたり分散させるためにリビレイやディビエーションなどのロープアクセス技術ならではのロープ技術を多用します。日本での事故例はおそらくなく、普及の進んでいる欧米でも極めて少ないとされています。
なお、ロッククライミング技術(アルパインクライミング技術)をロープアクセス調査に流用することは、技術的・器材的に作業上の制約が大きいだけでなく、落石誘発やロープの切断事故等の可能性が高くなる問題点が指摘されています。   

ニーズに合致した調査技術!

ロープアクセス調査が本格的に開始したきっかけは、平成8年度に実施された新しい点検要領(財団法人 道路保全技術センター)にもとづく念入りな道路防災総点検でした。
これを機に、岩盤崩落や落石事故を防止するために、それまでの遠望だけでなく、実際に近接目視で、岩壁や急峻斜面での岩盤状況や浮石状況を精度よく調査するニーズが高まりました。
このニーズに応える形で開始されたロープアクセス調査でありましたが、開始当初は、ロッククライミング経験者が、ロッククライミング技術(正確にはアルパインクライミング技術)・器材を流用していたので、作業上の制約があり、落石誘発やロープ切断など安全上の問題も大きいいものでした。さらに、調査結果の成果品としての取りまとめ方法も、従来の平面図を主体とする取りまとめ方法は岩壁にはそぐわないため、試行錯誤の繰り返しでした。

今ではロープアクセス技術を本格的に導入し、自由自在に移動でき、安全確保も万全となっています。成果品の取りまとめ方法も、テクニカルイラストレーション技法などを応用した作図方法で、鳥瞰図を主体とする取りまとめ方法が確立しつつあります。

さらに近年では大規模な土木構造物などのうち、通常の手段ではたどり着けない難所・高所での変状調査、老朽化診断などにロープアクセス調査手法が多用されるようになってきています。

類義語としてロープアクセス作業がありますが、後者はロープアクセス技術を使った単なる作業で、専門的な調査作業は行わないものを指します。

参考文献

  • 財団法人 日本道路協会 編集・発行、 『落石対策便覧』2000年。ISBN 978-4-88950-412-5。
  • 道路防災点検の手引き編集委員会、 『道路防災点検の手引き』 、財団法人 道路保全技術センター、2007年。

お客様の声

「うわさで・・・・・いいとは聞いていたけど・・・・ここまでいいとは思っていなかった。よくまとまっていて、わかりやすし・・・・・・」


「これまで見たことのない写真集のボリュームとアングル、鳥瞰図のアピール度の高さに圧倒されております・・・・・。」


「・・・・早急な対応助かりました。成果の出来映え、非常にきれいで大変感激しました。グループ内でも、みんなびっくりしていました・・・・・・」


「・・・・結果報告書を拝見させて頂きましたが、見事なできばえで満足度100%です・・・・・」


「先日の・・・・・・中間報告では、図の丁寧さと美しさがすごいと、客先からは好評でした・・・・・・・」


「・・・・・成果品、届きました。豪勢かつ詳細な成果ありがとうございました。本日昼からクライアントとの打ち合わせだったのですが、それにも持参することができ、喜んでいただけました・・・・・・」


「・・・・・きぃすとんさんの成果例を電力さんに見せると、大変好評で、『こういう絵を描いて欲しい』といわれた・・・・・。」


「・・・・・もの凄く綺麗な成果品で驚きました。ありがとうございました・・・・・」


「・・・・調査の写真と図面を本日受け取りました。よくできた図面で、たいしたものですね。写真をみると、そのすごさが良くわかります・・・・」


「・・・・・成果品も思っていた以上の内容ですばらしい出来栄えでございます。当社の地質屋にもお披露目したところ、絶賛されました・・・・・」


「・・・・・綺麗かつゴージャスな成果品が届きました。有り難うございました。ちょっとボリュームがあるので、読み解くのはこれからになりますので・・・・・」


「・・・・・たいへん良い出来栄えで満足しました。色塗りのスケッチなどいい出来です。才能のある人がいるのですね(注☆ちょっとしたコツです。才能は不要です)。ありがとうございました・・・・・」


「・・・・・無事、検収されました。視覚的に非常にわかりやすい図面を作成していただけましたので、施主への報告も容易でした・・・・・」


「・・・・・資料届きました。ありがとうございました。あまりにも立派なものを作っていいただき、社内一同『凄い、これがプロの仕事だ』と感無量です・・・・・」


「・・・・・『こうした資料があるからこそ、高度な議論ができる・・・・』と地元大学の先生に高評価でした・・・・・」


「・・・・・撮影写真のリアルさと登頂者の勇気に皆、驚きと感激を現わしていました。・・・・」


「・・・・・なかなか立派な資料で、ありがとうございました。また、急斜面の調査があったらお願いします。・・・・・」


「・・・・・◎ 社長 : 素晴らしいと大絶賛していました。◎  : なんじゃこの成果品見たことねぇげ! すごすぎると大絶賛していました。別の現場があったら、また、きぃすとんに頼まなあかんなと、言っていました。・・・・・」

作業成果品に対しいただいた、お客さまの声をご紹介

おもな実績 (抜粋)

詳細

  • 峡谷を縫う観光舟下りの安全確保のための、浮石除去・伐採作業。
  • セメントサイロ壁面の変状調査(中東)
  • 観光遊覧船の進入する海食洞内の浮石除去作業。
  • 地震による岩盤崩落現場での緊急調査と計測機器設置。
  • ダム堤体直下の岩盤崩落現場の緊急調査と背面亀裂などへの計測機器設置。
  • 長大橋梁の連続する高速道路での、鋼床版点検。総延長6km。点検車不可。
  • 宅造地背後の長大法面・・高さ30m、延長400mのもたれ擁壁点検。
  • 斜張橋のケーブル点検(東南アジア)宅造地背後の吹付け法面での変状調査と
  • 崩壊兆候の要因解析。
  • 吹付け法面でのコア抜き(径10cm)20箇所とボーリング(延長2m)6本。
  • 吊橋・斜張橋のメインケーブル、ハンガーロープ、主塔の点検。各地で実施。
  • 鉄道線路沿いの法面変状調査とコア抜き。
  • 夜間作業! 東京、神奈川で多数。
  • 都心の住宅地背後の急崖調査。
  • 風力発電・観測設備・の点検、整備、修理、清掃。全国多数。
  • 道路直上にそびえる、柱状節理の大岩壁詳細調査。
  • ダム周辺法面での、大量コア抜き(径10cm)点検。
  • 崩壊滑落部の緊急調査。全国で多数。
  • 急峻山岳地帯での雪崩点検。
  • 廃坑、とくに竪坑での調査、測量。陥没事故関係。
  • ロープ技術を活用。全国各地。
  • 観光船の入る海蝕洞の岩盤調査と、浮石除去作業。
  • 航路への落石防止のための調査と浮石除去作業。
  • 海水浴場背後の海蝕崖の調査と浮石除去作業。
  • 海水浴場背後の海蝕崖の調査と浮石除去作業。
  • 鉄道路線沿いの一連の法面ボーリング。
  • ロープ技術を活用、足場不要。
  • 意外に多い離島での岩壁調査。アプローチにひと苦労。

ロープアクセス技術協会

ロープアクセス技術を活用した業務のうち、とくに調査・点検業務分野の健全な発展を確実にするために設立された協会です。
ロープアクセス調査技士資格の認定を行っています。

ロープアクセス技術協会

(株)きぃすとん
京都府長岡京市金ヶ原北裏27 Tel: 075-959-9095 Fax: 075-959-9096
keystone@rope-access.co.jp http://www.rope-access.co.jp