ロープアクセス技術

on site Solution, Keystone Magic  皆様がかかえておられる難問を、あっさり解決いたします

ロープアクセス技術とは?

ロープアクセス技術とは、ロープを巧みに操ることにより、あらゆる難所・高所に安全かつ、いともたやすくアクセスする(たどりつく)技術のことです。従来、難所・高所での作業は、大掛かりな重機や仮設足場を、コストをかけあるいは安全上のリスクを覚悟で使わざるを得ないことも多く、作業自体をあきらめることも少なくありませんでした。とくに難所・高所での老朽化調査や健全度診断などの調査作業は、コスト等の制約が厳しく、間接的手段である遠望・遠隔調査手法ですませざるを得ないことがほとんどでした。ロープアクセス技術はこれらの問題を解決し、難所・高所での安全かつ低コストな作業を実現した点で画期的な技術といえます。

ロープアクセス技術はもともと、SRT技術という洞くつ探検用に欧米で考案・発展してきた技術を改良したもので、ロープを伝って登高(とこう、とうこう)・下降やトラバース(横方向への移動)などを安全、かつ容易・迅速・確実にこなします。・・・・・・・ちなみに、欧米で洞くつ探検が発展した理由は、日本とは比較にならない魅力的な洞くつ群の存在が大きいです。また、ロープアクセス技術やSRT技術は、岩登りに使うロッククライミング技術とは別物で、ロープなどの器材も異なります。・・・・・・・ロープアクセス技術はSRT技術が生まれた欧米などでは、建設関係の業務などで、以前からごく一般的に使われているようですが、日本においても近年、;建設関係を主体に様々な分野で活用されはじめています。

ロープアクセス技術の日本での歴史は浅く、本格的に実用化され始めたのは90年代中頃で、きっかけは、当時相次いだ落石・岩盤崩壊事故をうけての、岩壁を岩盤の専門家が近接観察する岩壁登攀(とうはん)調査へのニーズの高まりでした。岩壁登攀調査はその後、より広義な名称である“ロープアクセス調査”として、岩壁だけでなくあらゆる難所・高所での、各分野の調査専門家(技術者、エンジニア)が近接観察する調査業務へと活用の幅が急速にひろがりました。同時に、専門的な調査作業を伴わない比較的単純な作業は、“ロープアクセス作業”として実施されるようになり、ロープアクセス技術を身につけた作業員(専門技術員、テクニシャン)が担当しています。

ロープアクセス技術の急速な普及の要因としては、老朽化して何らかの対策工が必要な構造物が急増している点と、社会情勢的に新たな構造物に更新する経済的余裕がなく、コスト的に有利な対処法が望まれている点などがあげられます。逆に普及を妨げている要因としては、「危険な作業である」というイメージが大きいですが、これについてもこれまで国内では事故例が無く、ロープアクセス技術の先進国といえる欧米などでも事故例は少ないらしいので今後の普及の大きな障害とはなりません。事故例が少ない理由は、技術自体が安全を最優先しているうえに、徹底した安全管理がなされているからと考えられ、通常のスポーツとしてのロッククライミングの危険なイメージとは全く異なります。とはいえ、ロープアクセス技術の今後の普及においては、墜落等の労働災害をいかに防止するかが課題になります。

ロープアクセス技術の安全な理由は、スポーツや趣味として岩登りをするためのロッククライミング技術(正確にはアルパインクライミング技術)とくらべてみると、わかりやすいです。ロープアクセス技術の安全である最大の理由は、テンションのかかった(つまり、張った状態の)ロープに常に確保されている点にあり、墜落したくても物理的に出来ない状態が作業の開始から終了まで維持されています。さらに、ロープの切断などによりテンションが抜ける可能性をなくするために何重にも安全策を講じています。何重もの安全策の一例としては、複数の支点確保、ローププロテクターの活用、リビレイやディビエーションなどのロープ技術による荷重の架け替え・分散などがあげられます。一方アルパインクライミング技術では、ロープは万が一の墜落時の命綱としての位置づけをしており、墜落を防止するものではなく、事故にならないまでも墜落することを前提とした技術ということができ、墜落時の墜落者の体への衝撃を軽減するために荷重による伸縮性のある材質のロープであるダイナミックロープを使っています。・・・・・・ ちなみにダイナミックロープは、ザイルとも呼ばれることがあります。なお、ロープアクセス技術やSRT技術では、伸縮性の低いセミスタティックロープを使います。したがって、ロープアクセス技術で使うロープをザイルと呼ぶのは誤用です。・・・・・・・ また、アルパインクライミング技術では、ロープアクセス技術で使うような荷重を架け替えたり分散させるなどの安全策を講じる技術は使用しません。

同様に日本の建設現場の高所作業で使われている安全帯などをつかう技術もロープ(親綱)は、墜落時の命綱としての役割が大きいです。余談ですが、日本の建設現場の高所作業で使うロープ(親綱)には伸縮性はほとんどなく、ハーネスも腰ベルトだけなので、墜落時の体への衝撃は大きいはずです。
このようにロープアクセス技術は、技術自体は安全を最優先した非常に優れた技術といえます。一方、あくまでも個人個人の高い安全意識によるところが大きいのは他のどの分野でも同じです。また、安全を最優先したといえ、基本的で重大なミスを重ねた場合には事故は当然起こりえます。安全意識の維持・向上は当然のこと、万全の安全管理体制の下で運用されるべき技術であることは間違いないです。

ロープアクセス技術とロッククライミング技術の違い

最大の違いはロープの役割です。

ロープアクセス技術ではロープを移動や自己確保の手段として積極的に利用するのに対し、ロッククライミング技術におけるロープの役割は墜落時における万が一の命綱です。
また、ロープアクセス技術ではロープは業務の一環としての利用が主体なので、荷重の架け替えや分散などの安全確保が最優先であるのに対し、スポーツや趣味のロッククライミングで活用するロッククライミング技術では多少の危険性は許容されます。

両者は使用するロープの種類も異なります。

ロープアクセス技術では、基本的に伸縮性の低いセミスタティックロープを使います。これはロープに常時テンションがかかった状態を維持するため墜落をする危険がない事、伸縮性があるとゴム紐にぶらさがっているような状態になり身体が上下に動いて作業が行いにくいからです。
一方、ロッククライミング技術では伸縮性のあるダイナミックロープを使用します。墜落した場合にロープの伸縮で衝撃荷重を緩和するためです。(ロープアクセス作業でも地上から登攀してアクセスする場合など、墜落の危険がある状況ではダイナミックロープを使用します。)

ほかにも、器材の違い、ロッククライミング技術が登高であるのに対し、ロープアクセス技術は登高だけでなく下降や横方向への移動が基本である、などの違いがあります。

シングルロープテクニック(SRT)とは?

シングルロープテクニック(SRT)とは?

Shingle Rope Technique(シングルロープテクニック)は、垂直あるいは急傾斜の場所を1本のロープで降下・登攀する技術の呼称。略してSRT(エス・アール・ティー)と呼ばれることが多いです。洞窟探検(ケイビング)用に特化した装備と方法論が用いられ、装備の軽量化やコンパクト化、登る際の疲労の少なさ、安全性、レスキューへの応用などのメリットがあります。

現在、このSRT技術を地質調査・構造物調査向けに発展させ、さらに作業性・安全性を高める独自の工夫を加えた技術を用いています。

安全

  • ロープ技術者は、常にテンションのかかったロープと二箇所で自己確保しているので、ロープが切れない限り墜落はありえません。
  • ロープが岩角などにこすれるときにはロープガードで保護したり、リビレイ、ディビエーションといったロープ技術を駆使して荷重の分散や岩壁からロープを離す事をはかり、ロープの切断を防ぐために何重にも安全策を講じます。
  • また、ロープの始点に作成するアンカーも複数作成し、荷重分散、及びバックアップを常にはかっています。

したがって、よほど基本手順を誤らない限り墜落等の事故は発生しないようになっています。

危険なイメージの作業ですが、創業以来、無事故です。

下降

下降器としてPETZL社のSTOP(ストップ)を使い、バランスをとりながら下降します。
STOPは数ある下降器の中でも制動性と操作性にすぐれ、下降速度を自在にコントロールしたり、レバーから手を離すことで停止させたりできます。
しかも、ロープをSTOPに巻きつけハードロックすることで、安全・確実な停止状態が保てるので、両手を自由に使えます。
なお、下降速度は摩擦熱によるロープの損傷を防ぐために秒速2m以下に抑えます。

登攀

ハンドアッセンダーとチェストアッセンダーというふたつのアッセンダー(登高器)を組み合わせて使うので、安全に速く登れます。
ハンドアッセンダーから垂らしたアブミに片足もしくは両足を乗せて、グイッと立ちこんだらチェストアッセンダーが上がるので、その分ハンドアッセンダーを押し上げるという動作を繰り返します。
またハンドアッセンダーとチェストアッセンダーは共に、ロープの逆戻りを防止する構造なので、両手を離せば安全・確実な停止状態を保つことができ、両手を自由に使えます。

ロープアクセス技術Q&A

ロープの強度は?

使用しているロープはEdelrid社の『セーフティースーパー』。
ロープ径は9mm,10.5mm,11mmを現場に応じて選択しています。破断荷重は23kN以上です。静荷重約2.3トンまで耐えられます。

このロープに人間が一人ぶらさがるだけなので、安全率は充分確保されています。

体力は?

なくても大丈夫です。技術や器材が優れているので普通程度の体力で充分です。体力よりバランス感覚の方が重要です。女性でもOKです。登高には腕力ではなく脚力を使います。

危なくないのですか?

危ないです! 車の運転と同じ程度に危ないです。半年ぐらい経って慣れた頃が一番危ないようです。ちなみに、事故例は日本では皆無で、海外でも稀なようです。

法律的に問題はないのですか?

無いです。届出も必要ないです。安全・法律←詳しくはこちらをご覧ください

器材一式でいくら?

基本的な器材で合計25万円程度です。ちなみに重さも10kg程度ですが、作業中はロープに荷重がかかるので意外と軽いです。

自分にも出来る?

技術の習得は容易です。極端な肥満・高所恐怖症の方は無理です。

ロープアクセス技術の用語集

アンカー(anchor)

支点。メインロープを固定するアンカーは仮荷重テストをして十分な強度があることを確認した樹木や構造物などを利用し、バック・アップ・アンカーもしくはシェアード・アンカー(分散荷重)で複数箇所からとる。
構造物調査などでアンカーをとれるところがない場合はアンカーボルトを打ちこみ、アイボルトやクデー、ブリーユなどを使用する。このときもアンカーは複数とる。

セルフビレイ(self-belay)

自己確保。セルフ。墜落を防止するために、十分に強度のある支点等と作業者をランヤードなどで繋いで安全を確保すること。一般の建設現場などで行われている、安全帯で確保をとることもセルフビレイである。

リビレイ(rebelay)

ロープが岩や構造物に擦れるのを防ぐためにアンカーをとりロープを固定しなおす方法。

ディヴィエーション(deviation)

ロープが岩や構造物に擦れるのを防ぐためにロープの進路を変えて危険な箇所を避ける方法。

ロープジョイント(rope joint)

途中でロープが足りなくなった時やメインロープとサブロープを使う時などに複数のロープを繋ぐ方法。

ロープガード(rope guard)

そのままではロープが岩や構造物に擦れるが、リビレイやディヴィエーションをセットできるところがない場合にロープを傷めないように巻きつけて使用する。
リビレイなどより時間の短縮もできる。

ロープアクセス技術協会

ナビゲーション

(株)きぃすとん
京都府長岡京市金ヶ原北裏27 Tel: 075-959-9095 Fax: 075-959-9096
keystone@rope-access.co.jp http://www.rope-access.co.jp