橋・吊り橋・斜張橋

on site Solution, Keystone Magic  皆様がかかえておられる難問を、あっさり解決いたします

橋梁点検

橋梁点検技術者によるロープアクセス技術を駆使した橋梁点検、承ります。 定期点検から緊急点検、第三者被害措置等。 点検要領に則った点検結果のとりまとめ、損傷原因の推定、補修方法の提案・経済比較まで。 橋梁点検実績豊富な専門技術者チームが担当します。 

橋梁点検技術者(ロープアクセス調査技士)自身が、最新・最先端のロープアクセス技術を駆使し、いかなる難所・高所にも安全かつ、いともたやすくとりつき、打音検査など、対象物に直接触れての確実・高精度の近接目視点検をおこないます。 どんな異状も見逃しません。 

高所作業車や橋梁点検車などが使えず、足場仮設も非現実的なケースに最適です。 周辺道路への影響が無いため交通規制は不要で、道路協議の必要もありません。 

橋梁点検とは? 

橋梁の長期供用のための維持管理工程の一部で、橋梁の現況と損傷箇所および程度の把握を目的とします。 また、点検によって得た技術的データの設計・施工へのフィードバックや、橋梁沿道や第三者への被害防止の役割も担っています。 

点検手法

橋梁点検の基本は近接目視です。 橋梁に手で触れられる距離まで近接した上での目視点検が要。 
橋梁の立地条件によっては近接するのに四苦八苦。 点検技術者はアレコレ知恵を絞って橋梁に近接しています。 ここでは、点検(近接)手法の数例を列挙します。 

1.ハシゴによる近接 橋梁にハシゴを掛けてアプローチする手法

地上高3mくらいが限度です。 結構怖いです。 

2.仮足場設置による近接

作業手間と費用は大幅に嵩みますが、不特定の技術者による近接目視が可能です。 大学教授による診断作業などには有利。 

3.高所作業車による近接

桁下に高所作業車を配置し、リフトアップで橋梁に近接する手法。 安価で手間も少なく一般的によく用いられる手法。 乗り入れの可不可が鍵になります。 

4.橋梁点検車による近接

橋梁上に点検車を配置し、桁下に伸ばしたゴンドラに乗って近接する手法。 桁下が河川等で乗り入れができない場合などに活躍。 費用が高く車両数も限られているため、ご利用は計画的に。 橋梁道路の通行止めは必須です。 

5.ハイテク技術を用いる近接(撮影)

既存の近接手法は人間が実際に橋梁躯体に肉薄するもの、言うなればアナログ。 ところが最近、アーム先端に装着したカメラを桁下等に潜り込ませ、撮影した映像を以て近接とするデジタル手法が開発されたようです。 実際の作業を見たことがないので、一度見てみたいものです。 費用その他は不明。 

6.ロープアクセス技術による近接

ロープアクセス技術を駆使し橋梁に近接する手法。 安価で手間要らず。 道路使用関係の協議とも無縁です。 

ロープアクセス技術による橋梁点検

ロープアクセス技術を駆使した橋梁点検手法。 主に橋面(高欄、地覆)からロープを設置し、桁・床版下面や橋座、橋台・橋脚の点検を行います。 任意の個所への近接が容易です。 

ロープアクセス技術による橋梁点検の利点

大型の器材を必要としない ・・・・・・ どんな箇所でも近接が可能です。 
周辺交通への影響がない ・・・・・・ 通行止めや関係機関との協議が不要です。 
事前の仮設等が不要 ・・・・・・・・・・ いつでも、すぐに調査に入れます。 
経済性にも優れています ・・・・・・・ 特別な機材が不要。 経済的な調査が可能です。 
当然、安全

調査手法

調査道具

調査のコツ

積算・お見積もり

用語集

Q&A (橋梁点検・調査Q&A)

ナビゲーション

関連項目

安全・法律
実績

画像集

長大橋・吊り橋・斜張橋・橋梁・橋脚・橋台
長大橋・吊り橋・斜張橋・橋梁・橋脚・橋台

成果品☆構造物
成果品☆構造物

(株)きぃすとん
京都府長岡京市金ヶ原北裏27 Tel: 075-959-9095 Fax: 075-959-9096
keystone@rope-access.co.jp http://www.rope-access.co.jp