ビル外壁

on site Solution, Keystone Magic  皆様がかかえておられる難問を、あっさり解決いたします

外壁の全面打診調査(タイルの浮き、亀裂)の費用は500円/㎡程度から。 

2~3名ひとチームで、500㎡/1日程度。 詳細はお問い合わせ下さい。 

建築基準法第12条第1項に基づく特殊建築物等の定期調査報告に準拠しております。 

改正建築基準法に完全準拠しております。 

低圧樹脂注入工法による外壁タイルの浮き・亀裂の補修、承ります。 

浮いているタイルを除去せずに特殊溶剤で再接着します。 

創業20周年。 一流の調査技術者チームによる丁寧な仕事が好評いただいております。 

めざすのは皆様の”御用達”でありつづけること。  お客様の真に望まれることに(プロとして)的確に応えつづけることが”御用達”のあるべき姿と考えております。 安ければいい・・・・とは限らないですよね。 丁寧な仕事をすればいいとも限らないですよね。 安さが絶対条件なら、徹底して安くしてみせればいいだけです。 でもそれがお客様の真に望まれることでしょうか? お客様の真に望まれることを、(プロとして)的確に受け止め、大満足いただく。 毎回、ビックリ満足。 感動・感激満足いただき続ける。 これが”御用達”と考えております。 (お客様が言われること、要求されること・・・・と、お客様が真に望まれていることとは微妙にちがうものですよね。 その道のプロとして、そこのところに的確に応えさせていただいております)

最大の特徴は、職人ではなく技術者である点です。 

建設業界の調査専門会社として20年。 調査技術者の職人仕事。 丁寧で、安心してまかせられると好評いただいております。 

 営業活動はしておりません。 

ご依頼・お問い合わせはメールまたは電話等で直接お受けしております。 初めての方も大歓迎です。 ご依頼内容をじっくり聞かせていただいて、お見積もりもさせていただいて、ご予算も教えていただいて、最善のやり方を納得いただくまでご相談させていただいております。 単なる比較のためのお見積もり依頼はご遠慮下さい。 なお、他社ではできない難作業や是非とも!とのご依頼を優先させていただいております。 

 他の手法との比較。 

仮設足場工法との比較・・・・・コスト的に調査だけなら無足場工法、補修工事もするなら仮設足場工法が一般的に有利です。 物理的・営業的に足場仮設が無理なケースでのご依頼も多いです。 他の無足場工法・ロープアクセス工法との比較・・・・・最新・最先端のロープアクセス技術を駆使する技術者集団です。 他の工法では無理な制約条件の厳しい作業をいともたやすくこなしています。 技術的に高難度な調査・補修作業も得意です。 ご予算に合わせた臨機応変・メリハリのきいた調査・補修作業も得意です。 

複雑・高難度・高度な調査、お任せください。 

複雑な外壁・屋上構造・デザイン。 壊れやすい材質。 さまざまな高難度な制約条件。 高度な調査・観察・計測。 高度な技術、豊富な経験、スタッフひとりひとりの高いモチベーション・プロ技術者意識。 超一流の技術者チームが、誰にもできない難問を、あっさりとこなします。 きぃすとん マジック http://www.rope-access.co.jp/transmit/?p=70 特殊な概観の一流ホテル・宿泊・娯楽施設で好評いただいております。 

普通の業者さん、職人さんとは違うのですね!? 

普通の業者さん、職人さんとは違うのですね? ! ともよくクライアントの皆様にビックリしていただいております。 スタッフ全員が正規契約した技術者。 最高・最先端のロープアクセス技術。 高度な点検・調査技術。 補修技術。  お昼休みはどうされるのですか?  と、よく不思議がられます。 質の高い仕事を短時間で仕上げる・・・・そのためには最善を尽くします。 ひとりひとりの自由裁量を大前提にした絶妙のチームワークで、高度なレベルの仕事を段取りよく仕上げます。 休憩は個人個人がマイペースで。 気づいたらお昼ご飯を食べ忘れていることもよくあります。 お昼ごはんを食べ忘れた時って、仕事が最高にうまくいっているときですよね。 

お客様の声

補修工事が職人さん以上に丁寧ですね。 調査が専門とのことで、少し心配していました(ビルオーナー様)。 実はいろいろ当たってみたのですよ。 ひさしや外壁の構造がここまで複雑でしかも華奢(きゃしゃ)で壊れやすい・・・・・・安心して任せられるのは・・・だけ・・・・(超大手ゼネコンの所長様)。 ウチの調査手法では無理な狭いところの調査は断り続けてきたのですよ。 これからはよろしく(外壁調査専門会社様)。 予算に合わせて作業のレベルを柔軟・絶妙に調整でき、メリハリをつけれるところがさすがです(設計事務所様)。 初めて見ましたが、安心感がありますね。 ロープの扱い方、支点の取り方、安全確認、ひとりひとりが自律した技術者、絶妙なチームワーク・・・・(ゼネコン本社の安全担当者様)。 いつも安心してまかせられます。 ウチの材料は、施工の丁寧さが命ですから(外壁タイル補修材料のメーカー担当者さま)。 職人さんでなく技術者なんですね、皆さんは。 雰囲気が・・・(設計事務所様)。 

仮設足場不要で、快適・迅速・安全・安価。 調査専門技術者による全面打診。 いかなる形状・材質・デザインの建物に適用。 詳細はきぃすとんHPhttp://www.rope-access.co.jp/building/wall_inquiry.html

建物の外壁診断を無仮設・ロープアクセス工法で。 各地の建築事務所さまと提携しております。  http://www.rope-access.co.jp/building/wall_inquiry.html

画像集 フォトアルバムhttp://picasaweb.google.com/keystone.co.ltd/NwbFSG?feat=flashalbum#

外壁調査提案書  某高級リゾートホテルでの外壁調査・診断業務提案例です。 屋根・ひさし・外壁のデザインおよび材質上、傷めることのないように充分な配慮が必要で、しかも作業時間帯が短時間に制限されているケースで、ロープアクセス技術の腕のみせどころです。 詳細は巻末資料集 http://www.rope-access.co.jp/transmit/?p=1255 

外壁補修  今回は建築業者さんと連携して外壁調査・補修業務です。 作業時間はお客様の居られない(チェックアウトからチェックインまでの)数時間という制約の中、迅速なロープアクセス技術を披露してきました。 詳細は巻末資料集 http://www.rope-access.co.jp/transmit/?p=2826

外壁調査  設計事務所様のご依頼。 某シティーホテル。 外壁タイルの補修工事。 まずは変状調査。 浮いたタイルを打診調査。 亀裂は目視で。 仮設足場工法は営業的にデメリット大との理由で無足場工法・ロープアクセス工法を選択。 最新の補修工法を採用予定。 丁寧な施工を得意とする当社に調査とセットで依頼。 詳細は巻末資料集 http://www.rope-access.co.jp/transmit/?p=2896

外壁

水漏れ、コーキング・シーリング工事の“究極の”無足場工法です。 
通常の無足場工法・・・ロープ技術では無理な、複雑な形状の外壁・屋上、破損しやすい材質、きびしい制約条件での作業が得意です。 
建設関係の調査専門技術者集団として長年培った実績・経験・ノウハウをビル外壁の点検・補修に最大限に生かしております。 

外壁面の変状・異常を調査スタッフ自身が、真近で、『直接観察』します。 
各種機材を使った検査や補修作業もします。 
どんな難所・高所・狭所でも、作業できます。 仮設足場、高所作業車は不要です。 
シンプルで、かつ高度なロープ技術を駆使するので、少人数・短時間で済みます。 
豊富な実績、経験、ノウハウの調査チームが、テキパキとこなします。 
一般のビル外壁の清掃業者さんとの違いは、『調査のプロ』である点です。 
たんなる清掃作業は、いたしません。 
計測機器設置・点検、各種非破壊検査、浮いたタイルの除去等の作業も承っております。 
どんなむづかしい作業も、こなしております。 
また、使っているロープ技術・機材も別物で、より作業性・安全性に富んだものです。 

「仮設足場が、隣接建物との関係で、どうしても組めなくて・・・」とビル管理会社様
「壁面点検ロボットでは、うまくいかなくて・・・・・」と超大手ゼネコン様
「壁面のタイルの一部がはがれてしまったが仮設足場は値段が・・・・」とビルオーナー様。 
「照明設備が壊れてしまって・・高所作業車も届かなくて・・・」と設備会社様
「立体駐車場の壁面の一部に塗装をしたいのですが、仮設足場を組むほどでは・・・・」と、オーナー様
「水漏れがひどく、コーキング補修をしたいけど、隣地に入れなくて・・・」と、ビル管理会社様
本社からの指示で、全国各地の支店の壁面タイルの一斉点検・・・・・の例も。 

 

     

建築基準法第12条第1項に基づく特殊建築物等の定期調査報告

ナビゲーション

関連情報

画像集

ビル・マンション・外壁調査・補修

(株)きぃすとん
京都府長岡京市金ヶ原北裏27 Tel: 075-959-9095 Fax: 075-959-9096
keystone@rope-access.co.jp http://www.rope-access.co.jp