ロープアクセス作業

on site Solution, Keystone Magic  皆様がかかえておられる難問を、あっさり解決いたします

最新・更新情報☆きぃすとん情報局☆ロープアクセス仕事

ロープアクセス作業とは? 

 かならずしも専門的な調査技術・知識・経験が必要でない、比較的単純な作業。 欧米などのロープアクセス技術がすでに広く普及している国・地域では、ロープアクセス仕事は高所作業の1手法として日常的に身近におこなわれているようです。 興味深いことに、専門の調査技術者自身がロープアクセス技術を駆使するロープアクセス調査は、日本と違って、ほとんどおこなわれていないようです。 ロープアクセス技術作業員のことをテクニシャンと呼び、技術者(エンジニア)とは区別しているのもおもしろいです。 身分的・階級的(? !)なものでしょうか? 

作業例

トンネル坑口上方にそびえる大岩壁の明かり掘削工事。 
高さ90mの柱状節理。 岩壁上の巨大な浮石の動態観測。 
地震計(高額!)、温度計、亀裂変位計、マイクロフォンなどを大量に配置。 さらにそれらをケーブル網でつなぐ。 
6名で2週間。 大仕事。 真夏の南向き岩壁。 
岩壁上の浮石? の常時微動の測定を全国各地で実施。 
特殊なセンサーを岩壁上に設置、測定が終り次第、回収。 
変則の2名チームでこなす。 
岩壁の浮石背面への亀裂変位計の設置。 
法面や明かり掘削時の動態観測。 実施例、多し。 
落石警報システムの設置。 浮石や、落石経路にワイヤーセンサーを設置。 これも、多い。 
岩壁に設置した計測システムのメンテナンス、点検、修理。 常時観測のための、測量用のミラー(プリズム)を大岩壁に設置。 全国各地で多数、実施。 
ちなみに、設置用の各種冶具(ジグ)も、自社で製作・販売。 
岩壁や法面での弾性波探査や電気探査の支援作業も多い。 絶妙のチームワークで、ご好評いただいております。 
簡易弾性波探査を岩壁やコンクリート構造物の直壁で。 全国で多数。 鉄筋探査器で探査。 ビル、橋脚、擁壁など。 シュミットハンマーテスト。 岩壁やコンクリート構造物の直壁で。 各種の非破壊検査も。 
コア抜きや長さ1m程度の短尺ボーリングも、自前の機材で実施しております。 それ以上のボーリングは、専門の業者様との共同作業で、承っております。 
大岩壁のなかほど(30m上方)に、3m四方で、150kgのFRP製の擬岩を吊り上げて設置したこともあります。 

ナビゲーション

(株)きぃすとん
京都府長岡京市金ヶ原北裏27 Tel: 075-959-9095 Fax: 075-959-9096
keystone@rope-access.co.jp http://www.rope-access.co.jp